ここから本文です

楽天、ホームスタジアムでの決済を完全キャッシュレス化

1/10(木) 20:46配信

ITmedia Mobile

 楽天、楽天野球団、楽天ヴィッセル神戸が、1月10日に「スマートスタジアム構想」を発表。プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」のホームスタジアム「楽天生命パーク宮城」と、J1プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」のホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸」で、2019年開幕戦からの現金決済を原則全てキャッシュレス化する。

売り子販売での「楽天Edy」利用イメージ

 チケット購入や飲食、グッズなどの決済は、楽天ペイや楽天Edy、楽天ポイントカード、楽天カード、各種クレジットカード、楽天銀行デビットカード(JCB/Visa)などで行える。楽天生命パーク宮城では、スタジアム内87店舗で楽天ポイントカードによるポイント決済にも対応する。

 各ホームスタジアムではさまざまなサポート施策や一定条件・期間でビールが半額になるなどのキャンペーンを実施。詳細は両チームの公式サイトなどで公表する。

 楽天生命パーク宮城では2006年3月から楽天Edy、2018年7月から売り子販売で国内初となる楽天ペイによる決済を導入。2016シーズンにはファンクラブ会員のメンバーズカードに楽天ポイントカードを取り入れ、楽天スーパーポイントによる決済が可能な店舗も拡充させた。ノエビアスタジアム神戸では2013年3月からクレジットカード決済や楽天Edyを導入し、2016シーズンからはファンクラブ会員のメンバーズカードとして楽天ポイントカードを採用している。

ITmedia Mobile

最終更新:1/10(木) 20:46
ITmedia Mobile

あなたにおすすめの記事