ここから本文です

NGT山口真帆 自ら出演志願し謝罪…12日イベントも出演へ 暴行被害も

1/10(木) 21:20配信

デイリースポーツ

 アイドルグループ・NGT48が10日、新潟市のNGT48劇場で「NGT48劇場三周年記念スペシャル公演」を開催。昨年12月に男性ファンに自宅に押しかけられる被害を受けていたことが9日に明らかになった山口真帆(23)が出演した。

【写真】“半同棲”で文春砲被弾のNGTメンバー ステージで絶叫

 山口はステージ上でファンに謝罪。運営側と話し合いを行ったことも明かし、今後もNGTとして活動していく決意を口にした。関係者によると、山口は自ら運営側に出演とコメント発表を申し出たという。12日に新潟市内で行うNGT48のイベントにも出演する見込み。

 山口はこの日、ユニット曲「てもでもの涙」で、柏木由紀(27)とのデュオで登場。歌い終わると1人でマイクの前に立ち、「ありがとうございます。あの…、この度はたくさんお騒がせしてしまって、誠に申し訳ありません」と謝罪。「先日もお伝えした通り、私にも守りたい物があったからこのような形で皆さまに伝える形になってしまったことも…、お世話になっている方たちにも迷惑をかけるかたちになってしまったこと、本当に申し訳なく思っています」と語り掛けた。

 続いて「(運営の)AKSの方とも話し合えて…。これがきっかけとなって、NGT48が新しい方向に向かえるように、私もチームGの副キャプテンとして頑張ります。引き続き、NGT48の応援をよろしくお願いします」と話し、深々と頭を下げた。この日の山口の出演は、この1曲のみ。他のメンバーが騒動や山口の謝罪にふれることは一切なかった。

 山口は9日、自身の公式ツイッターで「先月、公演が終わり帰宅時に男2人に襲われました。暴行罪で逮捕されましたがもう釈放されてしまいました」などと記述。昨年12月8日に、自宅にファンの男性に押しかけられ、2人が逮捕されたが不起訴で釈放されていたことが明らかになった。8日にも、動画配信サイト「SHOWROOM」で、涙ながらに「今回私は助かったけど、殺されたらどうするんだろうと思う」などと話していた。

あなたにおすすめの記事