ここから本文です

僧衣で運転に反則切符、福井県警 操作に支障、寺側支払い拒否

1/10(木) 19:09配信

共同通信

 福井県の40代男性僧侶が昨年9月に僧衣を着て車を運転、操作に支障を及ぼす恐れがあるとして交通反則切符(青切符)を切られ、全国の僧侶から抗議の声が上がっている。寺側は「服装が理由の取り締まりは初耳」と驚き、反則金の支払いを拒否。会員制交流サイト(SNS)には僧衣で縄跳びをするなど自由自在に動けるとアピールする別の僧侶の動画が投稿され、話題になっている。

 40代僧侶が所属する浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺(京都市)によると、昨年9月16日、福井市の県道で軽乗用車を運転中に警察官に制止、「服装が違反」と告げられ、その場で反則金6千円の青切符を渡された。

最終更新:1/10(木) 19:38
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事