ここから本文です

「利き酒好き」にはたまらない…新潟駅ビルの危険すぎる「お酒ミュージアム」

1/10(木) 0:10配信

DANRO

どうも利き酒セットが好きなのです。

利き酒セットとは、何種類かのお酒を少量ずつ試せるセットのことで、お店によってクラフトビールもあれば日本酒もあるし、ウイスキーの場合もあります。わりといろんな種類の酒を楽しみたいたちなので、お店に利き酒セットがあるとつい頼んでしまいます。(松本宰)

【画像】銀座の至高のカクテル

利き酒セットといえば忘れられないのが、東京・恵比寿にある「ヱビスビール記念館」にある試飲コーナーです。今では普通にビールを楽しめるバーのような空間へと生まれ変わりましたが、かつてはまさに試飲のためのシンプルな場所でした。記念館でビールについて学び、最後にちょっとだけ飲んでみましょうといった雰囲気だったのです。

私の記憶が確かならば、400円で3種類のビールが出てきました。ヴァイツェンとかペールエールといった種類だったような気がします。ちょっとした豆菓子のようなおつまみも付いてきたと思います。小さめのグラスに入ってはいましたが、3種類を飲むとそれなりに飲みごたえがありました。当然ながら注ぎ方も完璧で、これで400円は破格でした。

当時、そんなにお金もない学生だった自分は、これは穴場を見つけたぞと思い、時々そこに行っては展示もろくに見ずに(すでにさんざん見ていたので)、その試飲コーナーに直行しては利きビールセットを飲んでいたものです。

ちょうどイチローが大リーグへ行ったばかりの頃で、そこにある大きなスクリーンで試合が放送されていたので、つい応援にも熱が入り、おそらく6~7回はセットを頼んだのでしょう、気がつくとテーブルには空のグラスが20個ほど並び、とても記念館の中とは思えない光景となっておりました。あの時はさすがにやり過ぎたと反省しております。

利き酒好きの聖地が駅ナカに

全国の「利き酒好き」の皆さまにとっては有名な話なのかもしれませんが、新潟駅に日本酒の利き酒コーナーがあることを友人から聞きつけ、いてもたってもいられず行ってみることにしました。

駅の中にあるというので着いて早々探してみるのですが、どこにもその表示が見当たりません。人に聞けば早いのでしょうが、ここは自分で見つけ出したいと思い、駅構内をしばらく歩き回っていると、CoCoLoという駅ビルの中にどうやらありそうだということがわかりました。

案内図を頼りに「ぽんしゅ館」というところまでたどり着いたものの、どうやら利き酒コーナーは別の場所にあるらしく、さらに歩き回ることに。まるでドラクエでお城の中をさまよっているような気分になりつつ、ようやくお目当ての場所に到着することができました。

1/2ページ

最終更新:1/10(木) 0:10
DANRO

あなたにおすすめの記事