ここから本文です

女子レスリング・吉田沙保里選手が引退会見(全文2完)五輪に4回も出られてうれしい

1/10(木) 16:57配信

THE PAGE

 女子レスリング・吉田沙保里選手は10日、引退会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「レスリング吉田沙保里選手が引退会見」に対応しております。

【動画】レスリング吉田沙保里選手が引退会見

     ◇     ◇

自分を成長させてくれたマットに最後に立ったのはいつか

フジテレビ:フジテレビの倉田と申します。本当にお疲れさまでした。リオで最後悔し涙を流したあの戦いのレスリングのマット、自分を一から支えてくれて成長させてくれたそのマットに、一番最後に立ったのはいつだったのか、そしてそのマットに何か自分なりのお別れを、もし告げたのであれば教えていただきたいですし、これから何か、こういう形で戦いの舞台、慣れ親しんだマットにお別れを告げよう、そんな考えがあれば教えてください。

吉田:そうですね、まだ別れは告げてないですね。はい。後輩たちと、今、練習をできるとき練習はしてますので、そういったところで別れを告げることは、今、していなかったのであれですけど、現役選手として、しっかりマットにお別れを告げないといけないかなっていうふうにも思っていますし、でも、これからまだまだ、ともに汗を流して、後輩たちと汗を流していくと思いますので、まだ告げることもないかなと思いながら、はい、はい、頑張っていきたいと思います。

司会:ありがとうございました。では続いて、では向かって左側の黒いジャケットの男性にお願いします。

女子レスリング界をどう引っ張っていきたいか

CBCテレビ:すいません、CBCテレビの『イッポウ』の大石と申します。33年間、本当にお疲れさまでした。今の女子レスリング界があるのは吉田沙保里選手のおかげだと、僕は取材しながら常日頃、思っていました。ところが、去年、女子レスリング界、揺れました。そのときに吉田選手はどんな思いでいたのか、そしてこれからの女子レスリング界を、吉田選手はどのように引っ張っていきたいと思っていますか。

吉田:はい、そうですね、私をここまで世界で活躍する選手に育ててくれた栄監督と、今までともに頑張ってきた仲間が昨年のああいう状況になってしまったことは本当にショックでした。私は本当に、真実ではない報道もあったかもしれないんですけど、そういうふうな中でコメントすることはすごく難しかったです。でも、こういうふうになってしまって、これからどうしていくんだろうっていうふうな思いも強かったですし、言えば、若い、今、後輩たちがそれに悩まされて、思いっきり練習できなかったり、試合で結果が出せなかったりっていう部分もあったところが、本当に一番つらかったですね。でも、もう次に向かって頑張っていくしかないと思いますので、前を見て、東京オリンピックに向けて1つになって頑張っていかないといけないかなっていうふうに、はい、思っています。

CBCテレビ:ありがとうございます。

司会:ありがとうございました。では、続いて、後ろの列の、1つ後ろの挙手された方。

1/6ページ

最終更新:1/10(木) 16:57
THE PAGE

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい