ここから本文です

NGT48山口真帆さん襲撃の報道に小川アナ「私も自宅を特定された」 事件の背景にアイドル像の変化も

1/10(木) 13:53配信

AbemaTIMES

 新潟を拠点に活動しているアイドルグループ「NGT48」のメンバー、山口真帆さんが男性2人に自宅に押しかけられ、トラブルになっていたことが報じられた。山口さんは青森県出身の23歳。4年前に発足したNGTの第1期メンバーで、昨年7月には「チームG」副キャプテンに就任するなど、中心メンバーとして活躍してきた。

 事件が起きたのは、昨年12月8日午後9時ごろ。劇場公演を終えた山口さんが新潟市内の自宅に帰ると、玄関先に男2人が現れ、顔をつかまれたのだという。その後、新潟市に住む20代の大学生と無職男性が暴行の疑いで逮捕された。取り調べに対し2人は「暴行を加えるつもりはなかった」「話をしたかった」と容疑を否認、同月28日には不起訴となり釈放されたという。

 しかし、グループ運営側からの公式なコメントは未だ出されておらず、事件が報じられたのも山口さんが今月になってネット上に告白されてからだった。

 3万5000以上のTwitterフォロワーを持つ山口さんは9日、「ngtを嫌いになってほしくないからこの1カ月つらくても黙ってた。このグループが大切だったから。そして全部対処、処分してくれると信じてたから」などとツイート。さらに動画配信サービス「SHOWROOM」でも「今回私は助かったから良かったけど、殺されてたらどうするんだろうと思うし、取り返しつかなくなったら、もう何も間に合わない」「頑張っている子に同じ想いをしてほしくない」と、涙ながらに苦しい胸の内を明かした。

 「アイドルってこんな怖い思いしなくちゃいけないの」「似てる事件前にもあったよね」「アイドルとファンの距離感はどうなっているの?」と、ネット上でも大きな反響が巻き起こっている。

 アイドルをプロデュースしたこともある濱野智史氏は「ついにこういう事件が起きてしまったんだな、という感じだ。昔に比べ、最近のアイドルは住所を特定されたり、ストーキングをされたりしやすい」と話す。

 NGT48の場合、劇場が新潟駅までほぼ一本道でいける位置にあり、裏口などがなければ、出待ちしていたファンが追いかけていくことも事実上可能だ。「公演終わりのメンバーとの遭遇率が高い」というファンの声もある。「帰る方向を追跡すればわかってしまうので、対策は当然していると思う。秋葉原のAKB劇場も車で別の駅に連れて行って、そこで解散させるとか、毎回その解散場所の駅も変えていたという話を聞いた」(濱野氏)。

1/2ページ

最終更新:1/10(木) 13:53
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事