ここから本文です

アーセナルがベルギー代表MFカラスコ獲得に前進?代理人と会談、数日中にオファーか

1/10(木) 20:02配信

GOAL

補強に動くアーセナルは、ベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコの獲得に前進しているのかもしれない。フランス『FOOT MERCATO』が伝えた。

【特集】日本代表、2大会ぶりの頂点へ。アジアカップの日程、見どころ

今季はウナイ・エメリ新監督の下、21試合を終えた段階で5位につけるアーセナル。3季ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指すチームは、4位チェルシーとは3ポイント差で前半戦を折り返している。

そんなアーセナルだが、ケガ人が続出していることもあり1月のマーケットでチーム強化に動くと見られている。先日にはバルセロナMFデニス・スアレスの獲得に迫っていると報じられ、さらにユヴェントスDFメフディ・ベナティアにも興味を示していると言われている。

さらに先日、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが、アーセナルはカラスコ獲得に関心を抱いていると報道していた。

『FOOT MERCATO』のドービア・ハッタビー記者によると、アーセナルはカラスコの代理人と8日に会談したという。話し合いは順調に進み、数日内にオファーを送る可能性があるようだ。ウナイ・エメリ監督も、ベルギー代表MFを高く評価しているという。

しかし、所属先の大連一方はカラスコを重要な選手と見ており、クラブ間合意は容易ではないと見られている。中国移籍後も市場価値は下落しておらず、また年俸1050万ユーロ(約13億円)という高額な給与問題も解決する必要があるようだ。

なお、報道によるとマンチェスター・ユナイテッドも関心を示しているという。選手本人は欧州復帰を望んでいる中、アーセナルはウィンガー獲得を実現できるのだろうか。

最終更新:1/10(木) 20:02
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事