ここから本文です

大谷選手が受賞辞退 地元・奥州の市民栄誉賞

1/10(木) 11:00配信

岩手日報

 奥州市は9日、同市出身の米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(24)への授与を検討していた市民栄誉賞について、家族を通じて辞退の申し入れがあったことを明らかにした。これに伴い、市民栄誉賞の創設も当面見送る。

 市によると昨年12月末、大谷選手の意思を確認した父親から「非常にありがたい話だが、道半ばなので辞退申し上げたい」との書面が寄せられた。

 小沢昌記市長は、9日の定例記者会見で「本人の意思を尊重したい。高みを目指している過程という思いが強いのだろう」と気持ちを推測した。

最終更新:1/10(木) 12:46
岩手日報

あなたにおすすめの記事