ここから本文です

月組・美弥るりか、アンナカレーニナ初日「まさか」

1/10(木) 20:21配信

日刊スポーツ

宝塚歌劇団の月組人気スター美弥(みや)るりかが10日、兵庫・宝塚バウホールで、主演ミュージカル「Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)」の初日を迎えた。

【写真】美弥るりかふんするロシアのエリート将校は、貴婦人に一瞬で心を奪われる

トルストイの名作をもとにした究極の恋愛劇は、19世紀後半のロシアが舞台。将来を嘱望されたエリート青年将校が、政府高官の貞淑な妻と運命的な恋に落ち、愛に悩み、苦しむ様を描く。

宝塚歌劇では01年に朝海ひかるで初演。08年には星組若手により再演され、当時星組にいた美弥は、妻を奪われる政府高官役で出演していた。その美弥が今回、奪う側の将校を演じて主演。「まさか…という思い。そもそも、そんな(同作の再演)機会があるなんて」と苦笑しつつも、愛をテーマにした作品を繊細に作り上げてきた。

ヒロインのカレーニナは海乃美月がふんし、将校への愛を貫く強くもはかない女性像を提示。不貞を働いた妻を大きな心で包もうと苦悩する政府高官は、月城かなとが好演している。

昨年は異色作ショー「BADDY」や、名作「エリザベート」で皇帝フランツを演じ、美弥自身も「めまぐるしい1年」と振り返り、今年は、トルストイの名作恋愛劇で幕開け。5月には元号が変わる新年の初作品へあたり、自身も「今年は、かなり新しい1年になると思います」と覚悟をもって、19年のスタートを切った。

公演は24日まで。

最終更新:1/11(金) 23:43
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事