ここから本文です

初戦辛勝は「最低限の結果」 主将・吉田「決意と覚悟を持って臨めていたのか…」

1/10(木) 0:45配信

SOCCER KING

 日本代表は9日、AFCアジアカップUAE2019の初戦でトルクメニスタン代表と対戦。苦しみながらも3-2で逆転勝利を挙げ、大会初戦を白星で飾った。この結果について、キャプテンを務める吉田麻也は「最低限の結果かなと思います」と振り返った。

「自分たちが本当にこの試合に懸ける決意と覚悟を持って臨めていたのかを自問自答しないといけない結果になったと思っています。入りが非常に悪く、ミスもたくさん起きてしまった。失点してから自分たち自身で試合を難しくしてしまったと思います。ハーフタイムに話し合い、後半は大迫の素晴らしいパフォーマンスもあって改善できました。初戦で勝ち点3を取れてスタートできたということが、最も大きなポイントだと思います」

 薄氷の勝利で勝ち点3を獲得したものの、守備陣にとっては課題の残る一戦になった。「PKを与えてしまったところも自分たちのミス。ボールを失う場所と失い方。横や後ろのパスがミスになると、一気にカウンターを食らってしまうので。そういう意味では、もっと前に勢いを持ってプレーすることも徹底していきたい」と反省点を挙げた。

 次戦は中3日でオマーン代表と対戦する。結果によってはグループステージ突破の可能性もあるが「そんなに甘くはないと思う。今日それを改めて実感したので、手堅くいきたいと思います」と次戦を見据えた。

SOCCER KING

最終更新:1/10(木) 0:45
SOCCER KING

あなたにおすすめの記事