ここから本文です

楽天グループ、完全キャッシュレスの「スマートスタジアム構想」、ビール半額キャンペーンも

1/11(金) 8:00配信

MONEYzine

楽天、楽天野球団、楽天ヴィッセル神戸は、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」とJ1プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」のホームスタジアムで、両チームの2019年開幕戦から順次、完全キャッシュレス化する「スマートスタジアム構想」を発表した。

 この構想では、チケットや飲食、グッズなど両スタジアム内において購入できるものは、現金決済に代わり、原則すべて以下の方法で決済を行う。

・スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」・電子マネー「楽天Edy」・共通ポイントカード「楽天ポイントカード」・「楽天カード」・Mastercard・American Express・Visa・JCBブランドの各種クレジットカード・「楽天銀行デビットカード(JCB/Visa)」を含む各種ブランドデビットカード 完全キャッシュレス化にあたり、お得さと便利さを楽しみながら体感できるように、来場者へのサポート施策や、一定の条件・期間でビールが半額になるなどのキャンペーンの実施を予定している。

 対象となるのは「楽天生命パーク宮城」「ノエビアスタジアム神戸」の2会場。「楽天生命パーク宮城」は、楽天イーグルスホーム開幕戦(2019年4月2日)から、「ノエビアスタジアム神戸」では、ヴィッセル神戸ホーム開幕戦(近日発表予定)から順次対応する。

 「楽天ポイントカード」については「楽天生命パーク宮城」では全141店舗中87店舗対応しているが、「ノエビアスタジアム神戸」では2019年開幕戦時点では使うことができない。その他、楽天グループサービス以外でのスマホアプリ決済・電子マネー・共通ポイントサービスへの対応については未定となっている。

最終更新:1/11(金) 8:00
MONEYzine

あなたにおすすめの記事