ここから本文です

山梨市 ふるさと納税で子ども食堂に補助を実施

1/11(金) 19:00配信

UTYテレビ山梨

UTYテレビ山梨

山梨県内の子どもは10人に1人が貧困状態にあるといわれています。山梨市は経済状況が厳しい家庭の子どもの食事を支援する子ども食堂の運営資金をふるさと納税として募集し食堂を設置する事業者に補助することになりました。
子ども食堂は地域の子どもたちに無料か格安の料金で食事を提供し、お互いに交流する施設です。
子どもの貧困がクローズアップされる中、民間などが運営する子ども食堂が急増し、今では全国に約2300か所に設置され県内は12か所で実施しています。
山梨市は市内に子ども食堂を行う団体がないことから去年10月、ふるさと納税としてインターネットの専用サイトで子ども食堂の経費を募集しました。
その結果、県の内外から目標の100万円を上回る約125万円が寄せられたということです。
山梨市はこの寄付金を子ども食堂を始める事業者に食材費や施設の改修、それに食堂運営費として補助することにしています。
市は今月21日まで補助を希望する団体を受け付けています。




[UTYテレビ山梨]

UTYテレビ山梨

最終更新:1/11(金) 19:25
UTYテレビ山梨

あなたにおすすめの記事