ここから本文です

有名投資家「ウルフ村田」氏、RVHと和解 ツイートめぐり謝罪

1/11(金) 18:10配信

J-CASTニュース

 美容サロン「たかの友梨ビューティクリニック」を運営する不二ビューティを子会社に持つRVH(東京都港区)は2019年1月11日、SNS投稿に対し名誉棄損で損害賠償などを求めていた訴訟で、和解が成立したと発表した。

 投稿者は、ツイッターで多数のフォロワーを抱える金融トレーダー"ウルフ村田"こと村田美夏氏だ。

■「明確に波動を感じる銘柄」発信

 村田氏は東京大学卒業、銀行勤務、キャバ嬢を経て専業トレーダーとなった異色の経歴を持つ。

 豪快な投資スタイルから「ウルフ村田」の異名を持ち、メディアにもたびたび登場、日本経済新聞の2015年1月18日付インタビュー記事(ウェブ版)では、「1年間で2億円を稼いだ『すご腕』の個人投資家」として紹介され、華々しい成功譚を語っている。

 ツイッターでは約12万以上のフォロワーを抱え、日々「明確に波動を感じる銘柄」などとして、オススメだという銘柄を発信している。

 RVHが名誉棄損で訴えていたのは、村田氏の18年5月24日のツイートだ。発表文では、同社に「証券取引等監視委員会の強制捜査が開始された旨を意味する投稿を掲載」されたとして実際の内容は伏せているが、同日に「RVHにガサ」などと投稿していた。

 だがそうした事実はないとして、RVHは名誉棄損で損害賠償と謝罪文の掲載を求めた訴訟などを起こしていた。同社は19年1月11日までに和解が成立したことを発表、村田氏も同じ日に「私の投稿が事実に反することを認め」るなどと謝罪のツイートをしている。

 和解内容の詳細についてRVHは、守秘義務があるとして明らかにしていない。

最終更新:1/11(金) 18:17
J-CASTニュース

あなたにおすすめの記事