ここから本文です

【RISE】打倒ボブ・サップを狙う松倉信太郎が森田崇文と仕切り直しの初対決

1/11(金) 19:47配信

イーファイト

 2月3日(日)東京・後楽園ホールで開催される『RISE 130』の追加対戦カードが発表された。

【フォト】RIZINにも出場してKO勝ちしている松倉

 元RISEミドル級王者・森田崇文(フリー/RISEミドル級1位、元同級王者)vs松倉信太郎(TRY HARD GYM/RISEミドル級3位、K-1甲子園2009 -70kg王者)が決定。

 両者は昨年6月の幕張メッセ大会で対戦が決まっていたが、森田が4月に中国の『クンルンファイト』で右尺骨を骨折して欠場。対戦が流れた経緯があり、約8カ月ぶりの仕切り直しでの対戦となる。

 森田はレスリングで培ったフィジカルの強さを武器に、2011年7月に小宮由紀博をKOし、RISEミドル級王座を獲得。その勢いで『K-1 WORLD MAX 2011 -70kg Japan Tournament』に出場し第3位となった。その後、試合から離れていたが昨年2月に約6年ぶりの復帰。得意のハイキックをさく裂させKO勝ちで再起を飾った。

 対する松倉は2009年のK-1甲子園で王者となり、K-1・Krushを主戦場にキャリアを重ね、2012年にはKrush YOUTH GP 2012の70kgチャンピオンに。昨年6月に舞台をRISEに移して第2代ライト級王者のイ・ソンヒョンと対戦したが、延長の末、判定負けを喫した。しかし8月の『RIZIN』愛知大会ではシュートボクシング日本ウェルター級1位の奥山貴大にKO勝ち、11月のRISEではRISEミドル級9位・籔中謙佑を2R38秒、左ストレートでKOと連続KO勝ちで勢いに乗る。

 松倉は自身のSNSで「森田選手をしっかり倒してRISEミドル級のベルトを巻きたいと思います」と意気込み、年末にはタイ、年始にはハワイ合宿を敢行。さらに、2019年の目標として「RISEミドル級のベルトを巻く」「一線級の外国人選手を倒す」「ボブ・サップを倒す」とこの3つを掲げている。

最終更新:1/11(金) 19:47
イーファイト

あなたにおすすめの記事