ここから本文です

インスリン投与から食事までの30分で低血糖起こし意識障害

1/11(金) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【患者が語る 糖尿病と一生付き合う法】(25)

 僕が現在使用しているインスリンは「超即効型」と呼ばれるもので、食事開始の直前に打てばいいとされている。これは投与と食事の間に時差が生じないので、低血糖のリスクもほとんどない。

 以前は、食事の30分前に打つ「即効型」を使っていたのだが、その頃にはいろいろと苦労があった。その30分の間に、予想より早くインスリンが効きすぎて、低血糖に陥ってしまうケースがざらにあったのだ。

 当時はさまざまな理由からインスリンの量をだいぶ増やしていたので、おそらく、それまでに打った分の効能がまだ残っているところに上乗せするような形になっていたのが原因だろう。

 夕食は通常、妻が作り、あと30分で出来上がるというタイミングで声をかけてくれる。そこで僕がインスリンを打つのだが、いざ食事が出来上がる頃には、僕が自室で低血糖による意識障害を起こしていた、といったことがひと頃続いた。

 それを避けるために妻が一計を案じ、「インスリンを打ってから食事が始まるまでの間は、僕は妻の目の届くところにいるようにする」というルールができた。そうすれば、僕に低血糖の兆候があるかどうかを、妻が食事の準備をしがてら見守ることができる。僕が低血糖でおかしくなっているかどうかは、会話での受け答えでも分かるし、妻に言わせれば、表情を見るだけでもだいたい分かるのだそうだ。顔の筋肉がこわばっている感じがするのだという。

 それからはインスリンを打った後、僕は食卓に移動し、それまでしていたことの続きをするようになった。そして妻に「低血糖っぽいよ」と指摘されるなり速やかに補食して、それ以上の悪化を食い止めるのである。

 もちろん、それでも万全というわけにはいかない。妻だって、料理中には目が離せないこともある。低血糖のサインに自分でも気づけるように、僕もさまざまな工夫をした。それについては次回に譲ろう。

(平山瑞穂/小説家)

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい