ここから本文です

メーガン妃、4団体のパトロンに! 女性のための就業施設を訪問

1/11(金) 19:00配信

cinemacafe.net

10日(現地時間)、英王室はメーガン妃が芸術、教育、女性と動物の権利をサポートする4つの団体のパトロン(後援者)になったことを発表した。その中の1つ、「ロイヤル・ナショナル・シアター」はエリザベス女王から引き継いだ。また、女性の就業支援を行う団体「Smart Works」へはヘンリー王子と婚約中からプライベートで訪れていたそうだ。

【写真】「Smart Works」を訪問したメーガン妃

英王室から発表があった同日、メーガン妃は早速「Smart Works」を訪問。「Daily Mail」紙によれば、「オスカー・デ・ラ・レンタ(Oscar de la Renta)」のコートにマタニティブランド「ハッチ(HATCH)」のブラックドレス、「ヴィクトリア ベッカム(VICTORIA BECKHAM)」のレザーバッグ、「ジャンヴィト ロッシ(GIANVITO ROSSI)」のアニマル柄パンプスという洗練されたファッションで現れ、「ここに来ることができて大変うれしいです」と述べたという。

「Smart Works」は長い間仕事から離れていた女性たちや、経済的に不安定な女性たちの就業支援を行っている団体で、技術や自信を再び取り戻す手助けや、面接に必要な服などを供給している。メーガン妃は以前からこの団体に何度も足を運び、女性たちに合った洋服選びや面接の受け答えに関する相談に乗っていた。今回も、時折大きなお腹に手を当てながら、女性たちに服のコーディネートをしたり、ディスカッションを行った。

スタイリスト、面接のコーチとして大活躍のメーガン妃に、「Smart Works」のスタッフたちやクライアントたちは大喜び。創設者でボランティアのジュリエット・ヒューズ=ハレットさんは、「メーガン妃が私たちの団体に関わってくださることは、クライアントにとってうれしいこと。だって、みんな、彼女のことを知っているんですから。彼女がパトロンになってくれたことに喜んでいますし、誇りに思っています」と語っている。

最終更新:1/11(金) 19:00
cinemacafe.net

あなたにおすすめの記事