ここから本文です

米大統領、ダボス会議の出席中止 政府閉鎖の大幅長期化も

1/11(金) 7:52配信

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は10日、スイスで1月下旬に開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)への出席を取りやめたとツイッターで発表した。理由について「国境の安全に関する民主党のかたくなさと、国家の安全という非常に重要な問題をかんがみた」と説明し、メキシコ国境の壁建設を巡る民主党との対立が続いていることを挙げた。

 対立は膠着状態に陥っており、トランプ氏は長期化を想定してダボス訪問取りやめを判断したとみられる。対立に伴う予算失効による政府機関の一部閉鎖は10日で20日目となり、11日には最長記録21日に並ぶ。

最終更新:1/11(金) 12:59
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事