ここから本文です

トランプ氏元腹心、公聴会証言へ 米議会、政権に文書要求

1/11(金) 8:42配信

共同通信

 【ワシントン共同】米下院は10日、トランプ大統領の腹心だった元顧問弁護士コーエン被告が公開証言する公聴会を2月7日に開くと発表した。被告はトランプ氏から不倫問題を巡り違法な口止め料支払いを指示されたと主張しており、下院は政権側に関連文書の提出を要求。トランプ一家の内情を熟知した被告の議会証言は政権に痛手となりそうだ。

 公聴会開催は今月3日から下院多数派となった民主党が主導。トランプ氏と対立する民主党は米大統領選を巡るロシア疑惑など政権が抱える問題を議会で徹底調査する構えだ。

 被告はトランプ氏がロシア疑惑などで事実と異なる説明をしているとも訴えている。

最終更新:1/11(金) 11:42
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事