ここから本文です

JOCの竹田会長、仏で訴訟手続き開始 東京五輪招致で汚職の疑いと現地報道

1/11(金) 18:12配信

毎日新聞

 AFP通信などは11日、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が2020年の東京五輪招致を巡る汚職に関わった疑いでフランスで訴訟手続きを開始されたと報じた。AFPによると、司法当局筋の情報として、竹田会長は昨年12月10日、東京五輪招致に関して230万ユーロ(約2億3000万円)を払った疑いで訴訟手続きが開始されたという。東京五輪・パラリンピック招致を巡る不正疑惑では、東京地検特捜部が竹田会長を任意で事情聴取していた。

最終更新:1/11(金) 18:56
毎日新聞

あなたにおすすめの記事