ここから本文です

腕時計型のウェアラブル血圧計、ついに製品化 オムロンヘルスケアが北米で発売

1/11(金) 16:31配信

ITmedia NEWS

 オムロンヘルスケアは、腕時計の形をしたウェアラブル血圧計「HeartGuide」(ハートガイド)を米国で発売した。価格は499ドル。米国ラスベガスで開催中の「CES 2019」で展示している。

バンド内側の空気袋が膨らみ、腕を圧迫する

 昨年、展示したものとデザイン、機能ともに共通。ただし、米国食品医薬品局(Food and Drug Administration)から医療機器として認可を得たことにより、晴れて「製品」になった。

 血圧を計測する際は、一般的な血圧計と同じようにバンド内側のカフと呼ばれる空気袋が膨らみ、腕を圧迫する仕組み。計測にかかる時間は約30秒。内蔵のリチウムイオンポリマーバッテリーで8回前後の計測が可能で、最大100回分の測定データを内蔵メモリに記録できる。

 Bluetooth Low Energyでスマートフォンアプリ「Heart Advisor」(iOS/Android)と連携し、計測結果の一覧表示が行える。またアクティビティートラッカーや通知機能も装備。歩数、距離、消費カロリーの他、睡眠時間なども記録できる。スマートフォンにメールなどが届いた場合は振動で通知する。

 オムロンヘルスケアは、日本人の死因のうち、2位の心疾患、3位の脳血管疾患のどちらでも原因として挙がるのが「高血圧」だと指摘する。日本の高血圧人口は推計4300万人と、3人に1人がこうした病気のリスクを潜在的に抱えているという。

 同社は「ウェアラブル血圧計のメリットは、血圧測定の頻度を高められること。危険な血圧変動をいち早く捉え、疾病リスクを予測し、発症を防ぐ」とアピール。日本でも医療機器としての認可を得て、2019年度中の発売を目指す。

ITmedia NEWS

最終更新:1/11(金) 16:31
ITmedia NEWS

あなたにおすすめの記事