ここから本文です

日清食品Gが駅伝から撤退 12選手に退部勧告 選手ら無念「悔しい」「残念」

1/11(金) 16:15配信

デイリースポーツ

 全日本実業団駅伝を2度制した駅伝の強豪・日清食品グループは11日、陸上部の規模を大幅に縮小し、駅伝から撤退することを発表した。所属する12人の選手については退部を勧告し、現役を続ける場合は他チームへの移籍を支援する。また、4月に入社予定だった大学生2人についても内定を取り消し、他企業への就職をサポートするという。

【写真】優勝で五輪へ前途洋々のはずが…箱根17人抜き男にも勧告

 ただ、9月に行われる東京五輪マラソン選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を持つ佐藤悠基(32)と、村沢明伸(27)へのサポートは本人の希望があれば続ける方針だ。

 選手らには既に「世界を目指す選手の競技活動をサポートする体制に切り替える」との方針転換を説明している。同社陸上部は1995年に創部。2004年アテネ五輪マラソン6位の諏訪利成ら男子長距離で五輪代表選手を輩出してきた。マラソンの日本記録を持つ大迫傑選手(ナイキ)も在籍していた。今年1月の全日本実業団駅伝では16位に終わるなど、近年駅伝では低迷していた。

 これを受けて選手たちは自身のツイッターで無念の思いをつぶやいた。駒大から2017年に入社した中谷圭佑(23)は「怪我をした状態で入社した自分を2年間育てて頂きましたが、今回このような形になってしまいとても残念です。新しい環境を探しつつ引き続き頑張りますのでよろしくお願いします」と、新天地での飛躍を誓った。16年の日本選手権1500メートル覇者の戸田雅稀(25)は「非常に残念で悔しいです」と、悔やんだ。

 青学大の原晋監督も、この日の午後0時45分ごろツイッターで「名門日清食品陸上部活動自粛と言う残念な情報が入った。ただ実業団チームはプロである。ボランティア団体ではない。各チームがチームの商品価値を上げる為社内や世にどれだけ理解を得られる活動をしているか早急に考えないと活動を縮小する流れは止められないだろう。追随するチームが出ない事を願う」と、懸念をつぶやいた。

あなたにおすすめの記事