ここから本文です

忍者巡りで市内14寺社、巻物風の御朱印帳 甲賀市観光協会

1/12(土) 7:55配信

産経新聞

 甲賀市観光協会は「御朱印ブーム」にあやかって地域の観光振興につなげようと、忍者にゆかりのある市内14の寺社を回って御朱印を集める「甲賀流忍者朱印帳」を製作した。同協会によると、巻物風の御朱印帳は全国で初めてで、昨年11月の販売開始から問い合わせが相次いでいるという。

 「忍者の里」として知られる甲賀市には甲賀流忍者の信仰を集めたとされる油日神社(同市甲賀町油日)など、忍者に関連した寺社が数多くある。御朱印集めがブームになっていることから、甲賀流忍者の知名度を利用して地域の魅力をアピールしようと企画した。

 御朱印帳は古文書の巻物をイメージしたデザインになっており、台紙に朱印を押してもらうか、もらった御朱印を貼り付ける。

 同協会の横川正己事務局長は「ゆかりの寺社をめぐることで、甲賀から忍者が生まれた下地を感じてもらえたら」と話している。

 御朱印帳は5種類の模様を用意。1冊1500円で、同協会事務所や市ひと・まち街道交流館、甲南パーキングエリアなどで販売している。問い合わせは同協会(0748・60・2690)。

最終更新:1/12(土) 18:53
産経新聞

あなたにおすすめの記事