ここから本文です

分散型フォルダー同期ツール「Syncthing」がベータ版を卒業、5年の開発を経て正式版に

1/11(金) 15:05配信

Impress Watch

 分散型フォルダー同期ツール「Syncthing」v1.0.0が、1月1日に公開された。本ソフトは5年間にわたりベータ版として開発が進められてきたが、本バージョンで晴れてベータ版を卒業し、正式版として提供されるようになった。

 「Syncthing」は、インターネットを介して複数の端末のローカルフォルダーを同期できるツール。第三者の管理する中央サーバーを介さずに済むため、プライベートなデータを共有したい場合に向いている。通信が完全に暗号化されている点や、開発がオープンソースで行われている点なども安心できる要素と言えるだろう。

 また、幅広いプラットフォームに対応しているのも魅力。WindowsやmacOS、Linuxだけでなく、FreeBSD、NetBSD、OpenBSD、Dragonfly BSD、SolarisといったデスクトップOSがサポートされている。また、モバイル(iOS/Android)向けのアプリも利用可能だ。

 「Syncthing」のコア部分はコマンドラインツールと管理用のWebインターフェイスから成っており(レビュー記事を参照のこと)、入門者にとっては少々ハードルが高いが、Windowsならば「SyncTrayzor」と呼ばれるGUIフロントエンドを利用すれば比較的簡単に扱うことができる。

ソフトウェア情報「Syncthing」【著作権者】The Syncthing Authors【対応OS】Windows/Mac/Linux/FreeBSD/OpenBSD/Solaris(編集部にてWindows 10で動作確認)【ソフト種別】フリーソフト(寄付歓迎)【バージョン】1.0.0.0(18/01/01)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:1/11(金) 15:05
Impress Watch

あなたにおすすめの記事