ここから本文です

“アニキ”金本知憲氏 夢は孫との野球対決「早く娘に作らさんと」 「探偵ナイトスクープ」出演

1/11(金) 21:00配信

スポニチアネックス

 ABCテレビ「探偵ナイトスクープ」(金曜後11・17)の2月8日放送に、前阪神監督の金本知憲氏(50)が顧問として登場。ロケ出演を合わせて6年ぶり4度目の出演となった。金本氏は「楽しい1日でした。次は依頼者として。頭を整理して何か探します」と依頼者としての番組出演に興味を示した。

 番組には3つの依頼があり、その中で祖父と孫の短距離走のネタの印象が強かったのか「孫がほしくなりました。早く娘に作らさんと」と笑わせ、「孫ぐらいなら、野球をやらせてもいいですね。孫に投手をやらせなイカン。素振りをしないとアカンですね」と孫との対決を楽しみにしていた。

 大の阪神ファンである局長の西田敏行(71)は金本氏がスタジオ入りした際から興奮気味。番組冒頭で「阪神タイガースファンの皆さん、日本の野球ファンのファンにとって大事な、大事な宝です。我らがアニキ、金本知憲さんです」と声を張り上げた。西田は「監督中はどうもいろいろありがとうございました」とあいさつすると、金本氏は「(監督を)やるもんじゃないですね」と笑いを誘った。

 さらに西田は「若手を育てるという大変な時期を背負われたんじゃないですか。今度の監督の矢野さんは、その育てあげた若手を縦横無尽に働かせて。どうでしょう?」と問いかけると「しっかり鍛えた選手が、次の監督で花を咲かせてほしいですね」と期待を込めた。西田は「金本さんを前にすると緊張するんだよね。他の人なら誰でも大丈夫なんだけど」と汗をぬぐった。

 探偵局員のたむらけんじ(45)から「お正月はどうしてましたか?」と問われると「広島の実家でゆっくりしてました。身内が集まってワイワイと」と明かし、「新井(貴浩)さんとは会わない?」と聞かれ「絶対に会わないですね」とまた、笑いを誘った。

 見習い秘書は飯豊まりえ(21)が務めた。

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい