ここから本文です

【東京オートサロン 2019】これは一体? 砂利道や雪道も走行可能な専用クローラー付き「ジューク」

1/11(金) 19:28配信

Impress Watch

 日産自動車は1月11日、幕張メッセで開催されている「東京オートサロン 2019」の日産ブースで専用クローラーとオーバーフェンダーを備える「JUKE Personalization Adventure Concept」を出展した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 4本のタイヤの代わりに、砂利道や雪道でも走行可能な専用クローラーを装着したJUKE Personalization Adventure Conceptは、専用のボディフィルムラッピング(専用色/参考出品)を用い、ベースのボディにはつや消しの白、ルーフとボンネット、オーバーフェンダーにはつや消しの黒を大胆に配色。さらにライトグリーンのアクセントを効果的に配した、インパクトの強いフォルムに仕上がっている。

 リングイルミフォグとシャークフィンアンテナは日産純正オプションパーツを装着。そのほかは専用のカスタムパーツとして、大迫力のオーバーフェンダー、フロント/リアバンパーフィニッシャー、ボディサイドフィニッシャー、ドアミラーカバー、ヘッドライトプロテクター、ルーフスポイラー、THULE製ルーフバスケット、IPF製LEDランプユニット、エキゾーストフィニッシャー、フロント/リアDリングシャックルと、アクティブに走行できるこのモデルに相応しい充実した装備だ。パワートレーンには、直列4気筒 1.6リッターエンジン(最高出力140kW[190PS]/5600rpm、最大トルク240Nm/1600-5200rpm)を搭載する。

 展示車両には、ルーフに装備されたTHULE製ルーフバスケットに、補助用のガソリンタンクを3缶搭載。さらにドローンの発着用ランディングパッドが用意され、ドローンを活躍させる場面を表現したディスプレイが施されていた。

Car Watch,キクチカズヤ

最終更新:1/11(金) 19:28
Impress Watch

あなたにおすすめの記事