ここから本文です

【インド】]ETC用タグで燃料購入も─陸運・幹線道路相

1/11(金) 12:24配信

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

 ガドカリ陸運・幹線道路相は7日、ETC(電子料金収受システム)用の識別タグ「FASTag(ファースタグ)」に自動車燃料の購入や駐車料金の支払い機能を加える意欲を示した。金融機関以外にガソリンスタンドでの販売も決まり、利便性を高めることで普及を拡大させたい考えだ。PTI通信が同日付で報じている。

 ファースタグは、電波個体識別(RFID)技術を用いたETC用タグ。フロントガラスなどに貼ることにより料金がオンラインで自動徴収され、スムーズに料金所を通過できる。陸運・幹線道路省は2017年9月に通達を出し、同年12月1日以降に販売される四輪新車にファースタグの搭載を義務付ける方針を示している。

あなたにおすすめの記事