ここから本文です

選挙が重なる「亥年」 2019年の政治はどうなる?

1/11(金) 17:10配信

MBSニュース

2019年は「亥年」。亥年といえば、3年に1回行われる参院選と4年に1回行われる統一地方選が重なる「亥年選挙」の年で、政治が動くとも言われます。与党側にとっては“鬼門”とされ、2007年の参院選では自民党が議席数を大幅に減らしました。今年の亥年選挙はどうなるのでしょうか?

亥年のことはイノシシに!?その本性は…

「イノシシというのは猪突猛進に見えて、実はしなやかな動物。障害物があれば、右に左にひらりひらとかわしていく」(安倍晋三首相・自民党本部で7日)

今年は亥年。3年ごとの参院選と4年ごとの統一地方選が必ず重なるこの干支は、与党にとって“鬼門の年”と言われています。イノシシの性格を「実はしなやか」と表現し、自身が目指す「しなやかで寛容かつ謙虚な政権運営」のたとえに使った安倍首相ですが、果たして実際のイノシシは?

取材班は京都府の福知山市動物園を訪ねました。そこにいたのは…2010年に猿の「みわちゃん」とのコンビで大人気を博した、あの“ウリ坊”です。あれから8年、猿の「みわちゃん」を背中に乗せることはなくなりましたが、今も同じオリで飼われています。体重は80キロを超え風格あるイノシシになりましたが、その性格は?

「イノシシはまっすぐしか行けないと思われがちですが、結構小回りが利くんですよ。猪突猛進とか言われていますけど、案外おだやかやし、かわいい動物ですよ」(福知山市動物園 二本松俊邦園長)

安倍首相の言うようにしなやかな一面もあるようですが、オリを見ていると…

「あっ(イノシシが猿に)怒られた!(猿が)『私が残しているもの食べた』って怒るんです」(二本松俊邦園長)

猿の「みわちゃん」の目を盗んで餌を横取りする、ずる賢さも覚えていました。

「イノシシはまっすぐしか行けない、どんくさい、ろくなことない動物と思われていますけど、結構要領がよくて賢い、いろんなことをしますから、今年の政治もおもしろいんじゃないですかね。予期しないことが起こると思いますよ」(二本松俊邦園長)

園長は「波乱」を予想します。

1/2ページ

最終更新:1/11(金) 17:10
MBSニュース

あなたにおすすめの記事