ここから本文です

切れない包丁、傷ついたフライパン…。NYのAirbnbで「粉砕」アメリカン朝食作りを体験した

1/11(金) 17:12配信

telling,

telling,の人気連載「“親指レディ”OLサム子」の作者の真船佳奈さんが「ぼっち旅の素晴らしさ」を伝えるべく始まった本企画。NYでの宿はAirbnbに。何もかもアメリカンサイズのキッチン、ベッド、クローゼット……と超快適だそうです。今回はアメリカンな朝食作りに挑戦します。

【マンガ】そもそもなんでNY旅行を計画したのか。よこしまな理由とは

さっそく近所のスーパーへ

ホテルで豪華な朝食を楽しむのもいいけれど、私の今回の夢は「暮らすように泊まること」。
特にぼっち旅行では飯場所を探すのもめんどくさくなることもしばしばなので今回は食材を買いためて、それで毎日朝食を作ろうという魂胆。

やって来たのは近所のスーパー。

うっかりどうしても丸美屋の麻婆春雨が食べたくなっても売っています。

まずは精肉売り場へ。アメリカと言ったら、ベーコンでしょ! 知らんけど

そしてチーズは、なんかアメリカンな名前のついていたこれをチョイス。アメリカンな名前っていうよりは、もう名前がアメリカンなんだけど。

バタラーの私はどでかいホイップバターを購入。画像だと小さく見えるが、実際は丼くらいの大きさ。

普段炭水化物と脂ばっかり食べているくせに急に「野菜も食べなきゃ体に悪いぞ★」という旅行ハイになってドレッシングも購入。

これが10日分の食材。
可愛らしいパンをよく見てみると

お前も貧乏っていうのか……

フライパンさん、どんな恋愛をしてきたんだい?

早速どでかいキッチンを使って夢のアメリカン朝食を調理開始。
なんと調理器具や調味料・食器も完備。

わあ美味しそう! しかしなんか卵がこびりついてうまくひっくり返せない。

フライパンをよくみると、めっちゃくちゃに傷ついてる。どんな恋愛をして来たらここまで傷つけられるんだ。完全にダメなやつ。でも捨てられない。そんなこともあるよね。

というわけで、意図せずスクランブルエッグになりましたが、アメリカン朝食が出来上がった。包丁も全く切れなかったので、最後らへん、ベーコンを手で引き裂いてた。殺人鬼の気分になった。

1/2ページ

最終更新:1/11(金) 17:14
telling,

あなたにおすすめの記事