ここから本文です

1時間2000円の「レンタル彼氏」と1万円の「レンタル彼氏」を呼んで、比べてみました

1/11(金) 0:30配信

DANRO

みなさま、はじめまして。作家の内藤みかと申します。

私はひとり身です。16年前に離婚して以来、恋人と呼べる存在がいないまま、ひとりで生きてきてしまいました。

【画像】アイドル追っかけが趣味!「バツイチ」55歳男性の部屋の様子

正確に言えば、シングルマザーで、子どもが2人いるので、完全にひとりというわけではないのですが。もうずっとひとり寝の日々が続いているので、気分はおひとりさまです。

そんなひとり寝のベテランの私が経験したひとり遊びを、今回から紹介していこうと思います。

しょっぱなは、なんと、「レンタル彼氏」のお話です。(内藤みか)

時給の異なる「レンタル彼氏」を比べてみると・・・

あまりにも長い間、ひとり身が続くと、男の人とどう過ごしたらいいのかわからなくなってしまいそうなので、私は自分にあるノルマを課しています。それは、月に1度は男の人とお茶する、ということ。そんなノルマでもないと、自分が女であることからどんどん遠ざかってしまいそうだったから……。

幸いにも友人知人の男性と、時には打ち合わせ、時には取材などという名目でお茶をすることが多く、そんな時にはちょっとオシャレしたりもするので、どうにか女を忘れずに今日までやってこれました。

でも時には、誰も相手をしてくれる人がいない!という哀しい事態が起きます。そんな時は、レンタル彼氏を利用してしまうこともありました。

ちなみにレンタル彼氏(出張ホスト)は、開業の際に警察に届け出が必要なのだそうで、サイトに「無店舗型性風俗特殊営業届出番号」を明記しているところを選ぶと安心、と聞いたことがあります。私が利用するのもそうしたところです。

レンタル彼氏は、人気があるホストと新人ホストとで時給にかなりの差が出ます。ナンバーワンクラスだと時給1万円の人もいますが、新人だと2000円程度の人も。

どう違いがあるのか知りたくて、以前、1万円の人と2000円の人を連続してカフェに呼んでみたことがあります。どちらも1時間のみの利用なので、合計1万2000円のささやかな実験でした。

1/3ページ

最終更新:1/11(金) 21:01
DANRO

あなたにおすすめの記事