ここから本文です

HuaweiアカウントからiPhoneであけおめツイートした社員、やっぱり処罰される

1/11(金) 19:10配信

ギズモード・ジャパン

うっかりが、命取り。

これまでもちょくちょく起きていた、スマホメーカー広報によるiPhoneからのミスツイート。今年も早速、Huawei(ファーウェイ)公式アカウントが2019年のあけおめツイートをiPhoneからつぶやいてしまいました。どうやらこのミスをしでかした担当者は処分されたんだとか…。

【記事の全画像】HuaweiアカウントからiPhoneであけおめツイートした社員、やっぱり処罰される

Reutersの報道によれば、Huaweiは1月3日に内部文書にて「この過失はHuaweiブランドを傷つけた」と表明。一方、このツイートはHuaweiから委託さられたPR会社のSapientがつぶやいたもので、普段使っているデスクトップPCのVPN接続にトラブルがあったため、スマホでつぶやいたそうです。そう、中国ではTwitterが利用できないので、VPN接続を利用する必要があるんですね。

そして報道によれば、やらかした2名の社員は降格されただけでなく、給与も約720ドル(約7万8000円)に減らされたとのこと。まったく、彼らにとっては地獄のような年明けになったに違いありません。また、最近のTwitterアプリのアップデートにより、ツイートした端末が表示されるようになったのも、実に不幸でした。

カナダではアメリカの要請によりHuaweiのCFOが逮捕され、それに対抗するように中国国内では複数人のカナダ人が拘束。そして中国企業によるApple製品のボイコットとHuaweiの支援運動も起きる中、なんともタイミングの悪いアクシデントですね。

Source: Reuters via MacRumors, Gizmodo US

Matt Novak - Gizmodo US [原文] ( 塚本直樹 )

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事