ここから本文です

ダイソーの「100円猫グッズ」は猫のココロを掴むのか? 我が家の猫たちと共に検証してみました。

1/11(金) 14:00配信

マネーの達人

ダイソーで100円の猫グッズを買ってくるなり、我が家の入室管理局長が手荷物検査のために立ちはだかりました。

家族であろうとお客様であろうと、手荷物は厳しく検査。

工事業者の方のバッグの中にもカラダ半分突っ込んでしまうなど、仕事熱心過ぎて目が離せません。

今回ダイソーで購入した100円猫グッズは5品。

ひとつは最後のおたのしみです。

市販のおもちゃではあまり遊ばず、ゴミ箱から自分で取ってきた紙くずで遊んだり、仕事をしている私の横で猫動画を見たりして暇をつぶしている我が家の猫たちは、一体どんな反応を示すのでしょうか。

1. まずはブタのぬいぐるみから

ピンクのブタのぬいぐるみは、押すと「ピィ」って音がします。

どちらかというと、犬が喜びそうなおもちゃに見えます。

ピィピィ鳴らしながら挑発してみたらちょっとノッてきましたが、抱えて耳を軽くガブガブしたら気が済んだのか、すぐに興味喪失です。

2. 猫の爪とぎは「アレ」を投入するとすごい

ダイソーの爪とぎは、入れ物の箱を爪とぎ台として使うことができます。

と、そのとき。

「ねぇねぇ、なんかいい匂いがするよっ!!」

爪とぎと一緒に入っていた「またたび」の匂いにつられて、カメラ嫌いのしましま猫がやって来ました。

「禁断の粉」ついに発動

ということで、禁断の、そして魅惑のあのヤバイ粉「またたび」を、ちょっとだけ投入。

しましま猫は開封前から暴れ出すほどまたたびに弱いので、「ブタのぬいぐるみ」と「爪とぎ」にほんのちょっとだけつけてみます。

しましま猫:「ヒャッハー!!」

高速猫キックが激しすぎて、まともに撮影できません。

またたびをつけていない通りすがりのねずみも、ついでに巻き込まれています。

人間なら、「普段はおとなしいけどお酒を飲むと明るくなっちゃうタイプ」だと思います。

そのままだとまるで興味ナシだった爪とぎも、またたびを少しつけるとこの反応。

箱を組み立てた後は壁などにピンで固定できる作りになっているのですが、猫が本気で爪とぎしたらそんなの無駄だと思います。

ピンが吹っ飛ぶと危ないので、そのまま床に設置しました。

爪とぎが苦手でいつも私に切ってもらっているシロクロ猫も、またたび効果でめずらしく自主的に爪とぎ。

全然とげていませんが、不器用なりに頑張っていました。

ブタのぬいぐるみに関しては、誰かが夜中に再度アタックしたようで、翌朝にはこんな姿に…。

1/2ページ

最終更新:1/11(金) 14:28
マネーの達人

あなたにおすすめの記事