ここから本文です

衝撃の引退会見、涙マレー「疲れてしまった。楽しくない」<男子テニス>

1/11(金) 19:02配信

tennis365.net

全豪オープン

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)に出場する元世界ランク1位のA・マレー(イギリス)は11日に会見で、今シーズン限りで引退すると発表した。

【マレー、錦織ら全豪OP対戦表】

前日に第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と練習していたマレーだったが、この日は体調について問われると「あまりよくない。ごめんなさい」と涙ながらに答えた。

続けて「いい感じではない。明らかに長い間、苦しんでいる。かなりの痛みがある。きっと、もう20カ月にもなる。臀部がよくなるように、できることは全てやり尽くした。効果はあまりなかった。6カ月前よりはいい状態だけど、痛みはまだかなりある。ずっと厳しい状態が続いている」と現状を明かした。

2018年1月に臀部の手術を受けたマレーは、同年6月に復帰。一時は世界ランク839位にまで順位を後退したが、現在は230位へ浮上している。

今大会初戦で第22シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と対戦するマレーは「プレーするつもり。まだプレーはできる」と述べた。

「でも望んでいるレベルではない。それだけではない、痛みがあまりにある。こんな状態でプレーを続けたくない。(2018年)12月の終盤に行ったトレーニングの最中、チームのみんなに言ったんだ。これを続けることはできないと。いつこの痛みが終わるか分からないままはやれないと。ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)までには決断を下したいとチームへ言った」

また状況次第で、今大会が最後に出場する大会の可能性もあると続けた。

「確かにその可能性は十分ある。この痛みの中、4・5カ月は続けるかもしれない。また手術する選択肢もある。それは以前の手術より少し厳しく、よりいい人生を痛みなく送るために臀部の皮膚再生をするもの。今現在真剣に考えているのが、そのこと。あるアスリートはその手術を受けていて、また競技に戻っている。でも、それは何の保証もない。その手術を受けるのは、プロとして復帰するためではなく、より質の高い人生を送るためにしようと考えている」

昨年にメルボルンで手術を受けたマレーは、その時のドクターと再会したと語った。

「昨日彼に会った。かなりのダメージを右臀部に負っている。臀部に痛みを抱えて何年もプレーをしてきた。(2017年の)全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)のS・ワウリンカ(スイス)との試合で始まったわけではなかった。あの試合で回復できないところまで、限界までいってしまった」

「手術を受けたのは、できる限りよくなるよう願ってのこと。痛みは全くとれなかった。その痛みこそ、長年苦しめられてきたもの。歩くことや、コートでのある動きが正確にできない。痛みが大きな要因。制限がある中ではプレーできるけど、それは問題ではない。制限があって痛みがありながらのプレーは、試合や練習などテニスにおいて好きなことをさせてくれない」

「この18カ月、臀部のことばかりだった。本当に疲れてしまった。多くを語ったわけではないけど、心理学者ともそのことを何度も話した。でも何の手助けにもならなかった。なぜなら、ただ多くの痛みがあるから。したいこと、大好きなことができない。やれても楽しくない。もう楽しくできなくなってしまった。何とかしようとしてきたし、話し合いもしてきたけど、残念ながらそのどれも臀部を回復させるには至らなかった。もし回復していたら、今は最高の気分でいられただろう。でも、そうではない」

全豪オープンは14日に開幕する。

最終更新:1/11(金) 19:05
tennis365.net

あなたにおすすめの記事