ここから本文です

Fischer's「思い出として残して」人気動画をイメージしたテーマパーク開園

1/11(金) 21:37配信

MusicVoice

 人気ネットパフォーマンス集団のFischer's(フィッシャーズ)が11日、千葉県柏市大井に12日オープンする、UUUMとゴールドエッグスと共同プロデュースするスポーツアミューズメントパーク『フィッシャーズパーク』の内覧発表会に登場。マサイは、彼らの人気コンテンツでもある“アスレチック動画”の世界観を楽しむことができる同施設について「自分の思い出として残してもらいたい」と呼びかけた。

 『フィッシャーズパーク』は、様々なアスレチック施設を備えた屋内型テーマパーク。彼らの人気コンテンツでもある“アスレチック動画”の世界観の中でアスレチックスポーツを楽しむことができる。「ULTIMATE HERO」「トレーニングエリア」「キッズエリア」の3つのコースを併設し、子どもから大人まで楽しめる作りになっており、8月31日までの間での営業を予定している。今後、更にコースは増加するという。

 メンバーからは、シルクロード、マサイ、ンダホ、モトキの4人が施設に登場。実際にアスレチックにも挑戦した。シルクロードは「念願のテーマパークで、僕らの育ってきたような施設になっています」と完成したテーマパークに満足気。

 マサイは「僕らとしても思い出になったらと思って作った施設なので、皆さんに楽しんで頂けたら」とコメント。

 モトキは「トレーニングもそうですけど、いろんな動きを想定してやって頂くといいと思います」と遊び方についてアドバイス。

 ンダホは笑顔を見せ「ようやく実現できるという感じですね。僕らの動画を観て来ていただく場所が実際にできて、やったなと」。

 マサイも「自分たちで遊びたいなという気持ちがあったので、こうやって出来てみんなで遊んでもらえると思うと嬉しい」とンダホのコメントに頷く。

 「ULTIMATE HERO」では、50メートルのコースで9つの障害を乗り越えてタイム測定ができる。このコースに挑戦した、シルクロードは「最初にやって3分だったと思うんですけど、2分50秒がベストです。その壁を越えて頂いて、ざまあみろと思ってもらって(笑)」と語る。

 また、テーマパークではオリジナルグッズも販売する。シルクロードは「ずっとリーボックさんとコラボしたいと思っていて、このTシャツが実現したので是非ゲットして欲しいなと思います」と自身が着用したコラボTシャツについて熱い想いを明かした。

 そして、ンダホは「実際に来て楽しんで欲しい」と言い、マサイは「来て頂いて、自分の思い出として残してもらいたい」と呼びかけた。

 今年の目標について、モトキは「今年はより鍛えて運動を中心に頑張っていきたい」、シルクロードは「YouTuberってすごく曖昧な存在だと思っていて、新しいことをやっていくことが大事だと考えています。今年も色んなことに挑戦してYouTuberらしい活動をしていきたい」と意気込んだ。【取材・撮影=松尾模糊】

最終更新:1/11(金) 21:37
MusicVoice

あなたにおすすめの記事