ここから本文です

フェデラーの全豪OP着用ウエア公開「楽しみ」<男子テニス>

1/11(金) 21:02配信

tennis365.net

全豪オープン

ユニクロは11日、グローバルブランドアンバサダーを務めるR・フェデラー(スイス)が「全豪オープンテニス 2019」で着用するゲームウエアを発表。新作ウエアは、クリストフ・ルメール氏率いるユニクロのパリR&Dセンターのデザインチームと協議を重ねて開発されたデザイン。

【フェデラー、錦織ら全豪OP対戦表】

■ロジャー・フェデラー選手モデル:オープンカラー(開襟シャツ)で装いも新たに
フェデラー選手のウエアは、これまでのスタンドカラーからエレガントなオープンカラーにデザインを一新。カラーはブルーのハードコートに映える深みのあるブルーを使用し、裾部分の白いパイピングがアクセント。機能面では、通気性を良くするため背面全体がメッシュ仕様になっており、高い パフォーマンスを発揮できるように工夫している。

<ロジャー・フェデラー選手のコメント>
前回大会のチャンピオンとして、今回も素晴らしい結果を残せるよう全力でプレーしたいと思います。コートの上で最高のプレーを引き出してくれる機能性だけなく、デザインやディテールすべてにこだわり、とても完成度の高いウエアに仕上げていただきました。新しいデザインのウエアを着て、メルボルンのコートでプレーできることを楽しみにしています。

■トップアスリートから絶大の信頼を得ている高機能素材「ドライ EX」を使用
東レ株式会社と共同開発した「ドライEX」は生地肌面の特殊なアーチ構造により、高い吸汗速乾性を実現。汗によるムレやベタつきを防ぎ、心地よい肌触りを保つ。運動時に体温が上がりやすい部分には、より通気性の高いメッシュ素材を使用することで過度の体温上昇を防ぎ、トップを争う選手たちがベストな パフォーマンスをキープできるようサポートしている。また、テニス特有の激しい動きに対応するため、立体編みによるシームレスに仕上げている。

最終更新:1/11(金) 21:02
tennis365.net

あなたにおすすめの記事