ここから本文です

松田監督の新体制始動 J3福島ユナイテッド、今季初練習

1/11(金) 12:19配信

福島民友新聞

 サッカーJ3の福島ユナイテッドFCは10日、今季新たに就任した松田岳夫監督(57)の下で新体制を始動した。取材に応じた松田監督は「見ている人が楽しめるサッカーを目指す」と意気込みを語った。

 福島市の十六沼公園で行われた今季初練習で、大きな声で指示を出しながら各選手の動きを見守った。松田監督は、福島がこれまで培ってきた「ボールをつなぐサッカー」の方針を継続しながら、よりゴールへの意識を高めたいとの考えを示し、「コンセプト自体は継続しつつ、自分のこだわりを入れていきたい」と述べ、チームの上位進出を目指す考えを語った。

 松田監督は東京都出身。現役時代は富士通(現J1川崎フロンターレ)でプレーした。日テレ・ベレーザ、東京ヴェルディ、FC琉球、INAC神戸の監督を歴任。2010(平成22)年に率いたガイナーレ鳥取では、日本フットボールリーグ(JFL)を制しJ2昇格に導いた。今季は栃木でヘッドコーチを務めた。

 初練習には新加入選手を含めた約20人が参加。J1ベガルタ仙台から新加入したGKイ・ユノ選手(19)は「試合に出たいと思い、ここに来た。1対1には自信がある」と決意をのぞかせた。

福島民友新聞

最終更新:1/11(金) 12:19
福島民友新聞

あなたにおすすめの記事