ここから本文です

足を切断したカーレーサー…パラ陸上で表彰台を目指す、井谷選手の挑戦

1/11(金) 21:16配信

TOKYO FM+

藤木直人、伊藤友里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMの番組「TOYOTA Athlete Beat」。1月5日(土)の放送では、パラ陸上の井谷俊介選手(ネッツトヨタ東京所属)が登場しました。

【写真を見る】番組パーソナリティの藤木直人

現在23歳の井谷選手は、高校時代は野球部の投手として活躍。大学入学後はプロのカーレーサーを目指していましたが、2016年2月、大学3年生のときにオートバイ事故に遭い、右ひざ下を失います。2017年11月から本格的に陸上競技を始め、2018年7月に関東パラ陸上競技選手権大会に出場し、国内戦初出場ながら初優勝を果たします。さらには同年10月、インドネシアで開催されたアジアパラ競技大会の陸上男子100m(T64)で11秒70のアジア記録を樹立。アジア人義足アスリートとして初の10秒台を視野に入れ、2020年東京パラリンピック出場を目指しています。

◆現実として受け入れられなかった足の切断…

藤木:プロのカーレーサーを目指していた最中に事故に遭われてしまったそうですが、やはり衝撃は大きかったですか?

井谷:現実としてはなかなか信じきれなかったです。事故に遭って足がボロボロになっているのを見たとき、不安や恐怖、この先どうしていけばいいのかなって……すごく辛い時間でしたね。

伊藤:そこから、どのように前を向いていったんでしょうか?

井谷:足を切断するまでに10日程度あったんですけど、母親や兄が付き添ってくれていて、そのときは何も思わなかったんです。でも、いざ切断するとなって、手術から戻ってきたときに母親や兄がすごく辛そうな顔をしていて、僕自身も実際に足がないのを見るとすごく辛くて……病室みんなが暗い雰囲気で笑顔がなくなって、お見舞いに来てくれる友人たちも僕が足を骨折した程度と思って来てくれたので、足がないのを見てショックを受けて泣いちゃうような状況で。なんだか自分に対して責めるようになったんですよね。元気付けに来てくれているのに、逆にその友人たちの元気を奪っちゃっている気がして。自分に対して腹立たしいというか“自分のせいだ”っていう責任を感じるようになって。みんなを心の底から笑顔にするためにはどうしたらいいんだろうって考えたときに、“僕がくよくよしていちゃダメだ。前向きにならないと!”と思ったのが立ち直るきっかけですね。

◆陸上との出会い

藤木:何かに挑戦しようと思ったときに、陸上を選ばれたきっかけはなんだったんですか?

井谷:三重県に足の切断者が集まって走るコミュニティがあるんですけど、走るためではなくて義足で日常生活を送るうえでどういう知識があればいいのかを知るために母親とそこを訪れたのがきっかけです。おじさんから子どもまでみんなが走っているのを見て、僕も走りたいって思って、ジョギング用の板バネを借りて走ったのが最初の陸上競技との出会いでした。それが2016年で、ちょうどリオデジャネイロパラリンピックが開催されていて。テレビやネットニュースなどでパラリンピックについて見る機会が増えて、自分のなかでパラリンピックの存在が、小学生が“プロ野球選手になりたい!”と思うように、大きな夢として目標になりました。

藤木:はい。

井谷:そのためには何をしたらいいのか、なかなか一歩が踏み出せなかったんですけど、自分のなかでレーサーになりたい夢と、パラリンピックに出たいという夢があって。もしその2つを叶えることができたら、家族や友人みんなを笑顔にできるんじゃないかと思ったんです。その夢に向かって挑戦することがすごく大事だなと思って、走ることをきっかけに陸上競技にのめり込んでいきました。

◆パラ陸上は個人スポーツではなくチームスポーツ

藤木:カーレースと陸上、いろんな調整をしてコンマ何秒を削っていくというのは、どこか通ずる部分もありますよね。

井谷:共通点ありますね。車のセットアップやタイヤの選び方、いろんな要素があって、“一瞬の戦い”をするために“コンマ1秒”と戦っている。陸上競技の場合、「走っているのはあなただけでしょ?」と思われがちなんですけど、板バネの種類や硬さ、その板バネをどのようにつけているか……。あとは自分の走りをするだけですけど、そのためにはトレーナーやコーチとうまく話して自分の走りをどういう風に持っていくのか。なので、個人スポーツではなくチームスポーツだと捉えていますね。アジア大会で走るときにお世話になった方、トレーナー、コーチ……頭にいろんな人の顔が浮かんで、すごくワクワクしたんです。そのとき1人じゃない、1人で走っていないと実感できました。

伊藤:まさに周りのみんなを笑顔にしていますね。これからパラスポーツをやってみようっていう人たちにも絶対に勇気を与えますよね。

井谷:そうですね。パラリンピックを目指そうとかじゃなくても、単純に日曜の朝はみんなでジョギングに行こうとか、一般の方がスポーツに触れるように障がいを持っている方がパラスポーツに興味を持ってもらえたらうれしいです。

藤木:東京パラリンピックへの思いを教えてください。

井谷:まず、日本で開催されるということで多くの人に実際に足を運んでいただいて、応援していただきたいです。事故で悲しい思いをさせた家族や友人たちに見てもらいたいですね。みんなの前で走って10秒台でメダルを獲りたいと思います!
(TOKYO FM「TOYOTA Athlete Beat」より)

最終更新:1/11(金) 21:16
TOKYO FM+

あなたにおすすめの記事