ここから本文です

同性婚求める初の違憲訴訟がスタートも 専門家「婚姻制度の前提は男女の組み合わせ、裁判は負けるだろう」「同性婚より婚姻の平等を」

1/11(金) 16:01配信

AbemaTIMES

 2019年2月から3月にかけて、同性婚を求めて初の違憲訴訟がスタートする。同性婚は現在世界24カ国で認定されているが、G7の中で法的制度がない国は日本のみ。この違憲訴訟で論点となるのは、憲法24条の「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立」という文言の解釈。定められた当時は親の承諾が必要で、これは当人の間での合意があれば結婚できるという意味での“両性”の合意。つまり、性別の話はしていないという解釈だ。

 同性婚は憲法に違反するのか、また認めるのは尚早なのか。ゲイの弁護士“夫夫(ふうふ)”を描いたドキュメンタリー映画『愛と法』に出演した南和行弁護士やトランスジェンダー活動家の杉山文野氏、憲法学が専門の麗澤大学教授の八木秀次氏、ゲイを公表し『新潮45』に論文を寄稿した元参議院議員の松浦大悟氏らが徹底討論した。

■八木氏「婚姻制度の前提は男女の組み合わせ。この裁判は負けるだろう」

 八木氏は「憲法24条の規定を受けて民法でも“夫は”“妻は”としている訳だから、当然男女の組み合わせの婚姻制度だという前提がある。この裁判は負けるだろう」との見解。南弁護士も「両性の意味は当然“男女”で、ハードルが高い部分も多いだろう」との見方を示す。

 一方で、南弁護士は違憲だとする声には反論し「日本国憲法は『人は誰でも幸福かつ平等になれる』と定めているので、同性婚法を作ることはできると思う。憲法が禁止するのは秩序として国は認めないということで、例えば奴隷的拘束(18条)や拷問(36条)の禁止は、『これは労働だ』『説得だ』と言っても秩序として認められないから禁止する。そういう意味では、同性婚法は憲法違反にはならない」と主張。また、現行の婚姻制度に触れ「できないのは、生まれた子の親になる、共同親権を持つ、同じ名字になる、相続人になる、相続税軽減などの法律で決まっていること。それを同性婚でどうするかという話が議論のコンセンサスで、それには今ある男女の婚姻制度について議論をしない限りは辿りつかない」と述べた。

1/3ページ

最終更新:1/11(金) 16:01
AbemaTIMES

あなたにおすすめの記事