ここから本文です

受験生らに合格祈願だるま配布 新高岡駅、応援ボードも設置

1/11(金) 14:32配信

北日本新聞

 受験シーズンを迎え、北陸新幹線新高岡駅の駅員は11日、高岡市下黒田の同駅構内に受験生を応援するメッセージボードを設置した。紅白の「合格祈願だるま」の配布も行い、受験生やその家族らが合格を願いながら受け取った。

 メッセージボードは縦150センチ、横180センチで、設置は昨年に引き続き2回目。満開のサクラや七福神に扮(ふん)した駅員をデザインし縁起を担いだ。「前に向かって進め」というエールを込めて北陸新幹線の車両も描いた。

 だるまは消しゴムタイプで、白山神社(同市二塚)でおはらいを受けたもの。受験生らは駅員からだるまを受け取り、願い事を書きつづった紙をボードに貼った。

 合格祈願だるまは限定100個でなくなり次第終了する。パネルは3月下旬まで設置する。

北日本新聞社

最終更新:1/11(金) 18:44
北日本新聞

あなたにおすすめの記事