ここから本文です

赤ちゃんと杯を酌み交わす儀式 水難事故除けを願う 三重

1/11(金) 17:28配信

メ〜テレ(名古屋テレビ)

メ~テレ(名古屋テレビ)

三重県紀北町では、赤ちゃんと杯を酌み交わす珍しい儀式が行われました。
「親子の杯」といわれるこの儀式は、紀北町長島の湊家に江戸時代から伝わるものです。湊家一族は、水難事故にあわないといわれ、地元では男の子が生まれると毎年1月11日に湊家を訪れて杯を酌み交わします。11日は、3組の親子が訪れ、晴れ着姿の赤ちゃんが、水の事故にあわないようにと、渡された杯に口をつけました。

あなたにおすすめの記事