ここから本文です

レスター岡崎慎司に複数クラブが興味と地元報道

1/11(金) 1:26配信

日刊スポーツ

サッカーのプレミアリーグ、ハダースフィールドを含む複数のクラブがレスターFW岡崎慎司(32)の獲得に興味を示していると10日、英スカイスポーツが報じた。岡崎は今季限りでレスターとの契約が満了するが、2022年のワールドカップ(W杯)へ欧州でのプレーを希望しているという。

レスター加入4年目となる岡崎は今季、ここまでリーグ戦で先発1試合にとどまっている。関係者によると、ハダースフィールドは既にレスターと接触を図ったとしているが、ハダースフィールドのワーグナー監督は「私は何も聞いていない。個人名について語ることは好きじゃない」と話すにとどめた。

岡崎は昨年12月にレスターマーキュリー紙に「レスターを家族のように愛しているが、欧州で新たな挑戦がしたい。残るか出て行くか分からないが、ただ欧州には残りたい。ただW杯までまだ4年ある。もう一度W杯でプレーがしたい」などと答えている。

ハダースフィールドは現在2勝4分け15敗の勝ち点10で最下位と苦しんでいる。

最終更新:1/12(土) 23:22
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事