ここから本文です

巨人丸佳浩、若手と積極交流も「まだまだ名前が…」

1/11(金) 16:49配信

日刊スポーツ

巨人丸佳浩外野手(29)が11日、川崎市のジャイアンツ球場で2日続けて自主トレを行った。

【写真】ジャイアンツ球場で2日続けて自主トレを行い、マシンへボールをセットする巨人丸

午前10時ごろから室内練習場でダッシュ、キャッチボール、ティー、マシン打撃と前日と同じメニューを約2時間で消化。逆手、片手打ちなどを含め計268スイングし「年を追うごとに体のバランスは変わってくる。キャンプへどういう意識で入ればいい動きができるかを探っていく作業」と、フォーム確認にいそしんだ。

新天地にとけ込もうと、若手とも積極的に交流した。多くの育成選手が自主トレ中だったが、ティー打撃中にスイングを止め、隣のケージで打ち込んでいた育成の折下へ「ここから寮まではどれくらいで着くの?」と質問。「育成の選手がカープと違ってたくさんいるので、まだまだ名前が覚えきれない」と苦笑いだったが、短時間でも会話を積み重ねていく考えだ。

最終更新:1/12(土) 18:25
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事