ここから本文です

フェルスタッペン「ホンダはルノーと違って意欲的」と新パワーユニット・パートナーを称賛

1/11(金) 6:34配信

オートスポーツweb

 レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、2018年までパワーユニット(PU/エンジン)を提供したルノーを再び批判し、2019年の新パートナー、ホンダへの期待を示した。

2019年にレッドブルでチームメイトとなるフェルスタッペンとガスリー

 レッドブルはパワーユニット規則が導入されてからのルノーのパフォーマンスと信頼性への不満を募らせ、2018年末で契約を終了、2019年からホンダと提携することを決めた。

 首脳陣とともに繰り返しルノーを批判してきたフェルスタッペンは、ホンダと比較することで、改めてルノーに抱いてきた不満を示した。

「ホンダの姿勢やプランは、僕らが今までルノーで経験したきたこととは全く違う」とフェルスタッペンはAlgemeen Dagbladに対して語った。

「ルノーのときは、僕らから常にプッシュしなければならなかった。常に僕らが働きかけ、それが大抵は無視される。でも今は全く違う。僕らが、早くパーツをくれと急かされるんだ」

「僕らからギヤボックスや何かを提供しなければならない。簡単に作れるものではないが、ホンダはとにかくテストをしたがる。僕がサーキットを走るより長い距離をテストする」

「(2019年に)毎戦上位で戦うのは難しいだろうけど、シーズンを通して進歩していき、2020年にはシーズン最初から戦える状態にしなければならないと思っている」

[オートスポーツweb ]

あなたにおすすめの記事