ここから本文です

純烈友井「競馬に使った」B子さんの貯金1700万円

1/11(金) 20:21配信

日刊スポーツ

5人組男性歌謡グループ「純烈」の友井雄亮(38)が、交際女性に暴力を振るい、3000万円の使い込みをしたなどと週刊文春に報じられた問題で11日、都内で記者会見を行い、グループからの脱退と芸能界からの引退を表明した。涙で声を詰まらせながら、被害女性やファン、メンバーに謝罪。他の女性にも暴力をふるうことがあったこと認め、「同じ過ちを犯したくない」と繰り返した。以下、友井の一問一答。

【写真】深々と頭を下げる友井雄亮

-純烈の今後の活動は

純烈のスローガンに反する行動をしたので芸能界から身を引きます

-引退という重い決断をした

芸能人である前に人として情けないことをしたので。迷惑をかけたので当たり前のことと思う

-いつ決めた

週刊誌に取材された時に事務所と相談し、翌日リーダーらに伝え、そして1月9日に

-問題が世に出る危機感は

表に出ることを冷や冷やしながら立っていた。仕事をしながら冷や冷やの気持ちを抱えていた

-記事の内容はすべて事実か

はい。すべて事実です。手を上げてしまったことは間違いないです

-なぜ女性に手を上げたのか

自分が弱いから。怒りっぽいが抑える強さがなかったとのだと思う

-DVはクセになっていたのか

もう1人の自分が自分を抑える強い自分がいなかった

-芸能人になってからもか

はい。甘く、ズルかった。自分が弱かった

-当初、週刊誌の直撃に否定した

突然でパニックになった

-「解決」というブログを削除したが

A子さん側から誤解を招くから内容と変えてくれと言われた

-A子さんは解決していないという意思か

そう。代理人を交えて協議中です

-女性は入院したか

僕が負わせたけがで後に入院したかも

-B子さんの3000万円を使ったのは事実か

はい。競馬に使ったのも事実。1日に最大、何十万円ということも。僕が生活費を入れていたことも多々あった

-3000万円のうち、1700万円を競馬に使ったと報じられていますが

はい。そうです。

-B子さんに子供もいた。いいパパなる覚悟は

もちろん。生活する中で気持ちはあったが、B子さんと一緒になるのは違ったなと思ったので。お子さんには申し訳ない

-事実婚か

はい

-C子さんとの関係は

10代からの友人。恋愛関係ではない

-B子さんへの借金返済は

代理人を交えて返済した。いろんな方に借りて返済した

-ブログを訂正したがどこが違ったのか

「終わったこと」は僕が決めることではないので

-メンバーは何て言った

9日にメンバーに内容を伝え、リーダーに『バカ野郎』と言われた

-ファンには

本当に信頼を裏切っておわび申し上げます

-今後、どう生きていくのか

純烈で一生懸命やってきたので、引退して何をやりたいかは真っ白で何もない。全く考えられない

-3000万円をどう返す

働きながら返します

-謹慎して裏方を手伝うことは

償いながらの生き方はいろいろあると思う。望まれるならいろんなことを考えて話していきたい。でも僕が言える立場じゃない

-誰かが怒っていないと、こう記事は出ないのでは

傷つけた女性をせんさくしないでほしい。すべては僕がこういう結果を招いたので

-今後、D子さん、E子さんが出てくることは

ないと思いたい

-引退しなくてもいいのでは

僕が決めることじゃない。素直な気持ちを言うと、ステージに立って笑っていられる自分に自信がない。立てない。人間としてやり直さないと

-DVとはどんな種類

殴ったり、蹴ったり。相手を思いやるような形を表現できてなかった

-なぜ女性に手を上げたのか

たとえば別れ話とか、たわいもないけんかとか。浮気も多々あったと思う

-逆ギレしたのか

過去のことなので、何とも。手を挙げたのは事実

-物を使ったことは

ないです。

-今後、女性とはどう付き合うか

これから先は分からないが、同じ過ちを犯したくない

-ファンの前で話すことは

決まっていない。謝罪したい気持ちはいっぱいある

-純烈の活動での一番の思い出は

念願の紅白に立てたこと。数え切れない。楽しかったこともいっぱい記憶があるが、つらかった時の方が濃く残っている

-愛の歌、恋の歌をどういう気持ちで歌ったのか

僕が今回のことでしたことは結果、人を思いやる、愛する答えではなかったと思う

最終更新:1/11(金) 22:58
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事