ここから本文です

資金工作、統括会社隠れみの 日産・三菱BV、ゴーン前会長に10億円

1/12(土) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 役員報酬の過少記載などの罪で起訴された日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)の関与が疑われる「報酬隠し」の舞台が、日産にとどまらず、仏ルノー、三菱自動車との3社連合に広がった。ゴーン前会長が非開示の報酬約10億円を受け取っていた日産と三菱自の統括会社は、ほとんど活動実態がなかったことも判明。不透明な資金工作の解明が求められる。▼1面参照

 日産関係者によると、日産が10日の取締役会で、三菱自との折半出資で2017年6月に設立した統括会社「日産・三菱BV」がゴーン前会長に対し、18年4~11月分の報酬として10億円近くを支払っていたと報告した。…… 本文:1,194文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

あなたにおすすめの記事