ここから本文です

NY円、108円台前半

1/12(土) 1:01配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】週末11日朝のニューヨーク外国為替市場では、2018年12月の米消費者物価指数が9カ月ぶりにマイナスになったことからドル売り・円買いが優勢となり、円相場は1ドル=108円台前半で強含みに推移した。午前9時現在は108円15~25銭と、前日午後5時比23銭の円高・ドル安。 

最終更新:1/12(土) 2:28
時事通信

あなたにおすすめの記事