ここから本文です

「本麒麟」好調なのに... キリンHDの株価は何故さえないのか

1/12(土) 21:00配信

J-CASTニュース

 2018年、ビール系新商品として最大のヒットとなったのが、第3のビール「本麒麟」だ。3月の発売以降、12月中旬までに3億本を販売、「こだわり」ある味わいが消費者から好評を得ている。

 ところがその「本麒麟」を手掛けるキリンホールディングス(HD)の株価は、低落傾向を抜け出せずにいる。株式市場全体が弱気モードにある中ではあるが、先行きのさまざまな不安材料が株価をさらに押し下げているようだ。

■トップのアサヒに猛追するが...

 年末も押し迫った3連休明け2018年12月25日の東京株式市場は、米国市場の急落を受けて全面安の展開になり、日経平均株価はクリスマス気分も吹き飛ばすように、一時、前週末終値比1048円23銭(5.2%)安を記録(終値も1010円45銭=5.0%安)。キリンHDもこの大波に押し流され、一時156.5円安の2203.5円まで下げて年初来安値を更新した。その下落率は6.6%で日経平均より大きかった。終値も143円安の2217円と、下落率(6.1%)は日経平均を上回った。終値はアサヒグループホールディングス(5.8%安)、サッポロホールディングス(3.8%安)と比べても下落率が大きく、投資家に投げ売りされるような状況だったことがうかがえる。

 その後、26日に2163円まで下げた後、年明けは2300円台半ばまでは戻してきたが、市場全体が不安定なこともあって、先行き不安はぬぐえない。

 キリンHDの下げがきつい原因はさまざまあるが、国内のビール系飲料市場のシュリンクが止まらないことはその一つだろう。2018年の年間データは2019年1月に発表される予定だが、業界では14年連続で前年割れとなることが確実視されている。

 国内シェアはビール「スーパードライ」が根強い人気のアサヒGHDが2010年以降、首位の座にある。しかし2位のキリンHDは第3のビール「本麒麟」のヒットをテコに肉迫し、逆転の可能性を指摘する向きもある状況だ。

1/2ページ

最終更新:1/12(土) 21:00
J-CASTニュース

あなたにおすすめの記事