ここから本文です

巨人・陽岱鋼、丸との“共闘”心待ち

1/12(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 巨人・陽岱鋼外野手(31)が11日、広島からFA移籍した丸佳浩外野手(29)との“共闘”を誓った。前日10日に故郷の台湾から日本に戻り、川崎市のジャイアンツ球場での自主トレーニングを開始。ロッカールームであいさつをかわすと、打ち込む丸に熱視線を送った。

 「素晴らしい打者。(打撃フォームで)足を上げるのは僕も同じ。タイミングの取り方なんかは勉強になる」と陽。同じFA移籍組で外野手、年下の丸はライバルとなる存在だが、それ以上に広島の連覇を率いた至宝とともに闘えることに喜びを見いだした。

 「一番は野球に対する姿勢ですね。僕らも若い選手にも影響する。そういう選手が周りにいることはうれしい」。昨季の陽は左手甲の骨折の影響もあって87試合出場で打率.245、10本塁打と物足りない成績に終わったが、年下の“手本”から最高の刺激を得て、復活への足がかりとする。

あなたにおすすめの記事