ここから本文です

(てんでんこ)伝える:5 災害FM

1/12(土) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■「小さな町では非常時にラジオ放送まで手は回らない」。厚真町の職員は悩む。
 放送開始まで、あと4時間と迫っていた。
 北海道を襲った地震から13日後の昨年9月19日。むかわ町役場にスーツケースを持って現れた大柄な男が、町在住の主婦2人に台本を手渡した。2人は、町が開局するFMのパーソナリティーを務めることになっていた。
 男は、2011年3月の東日本大震災の時に宮城県女川(おながわ)町の女川さいがいFMで災害放送をした大嶋智博(おおしまともひろ)(45)だ。地震で1人が死亡、250人余りのけが人が出たむかわ町は、国の担当者の口頭許可で始められる災害FMのスタジオを役場の廊下に設けた。…… 本文:1,065文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

あなたにおすすめの記事