ここから本文です

【東京オートサロン 2019】日産、モータースポーツのDNAを受け継ぐ「NISMO」「AUTECH」の2大ブランドの新型モデルや限定車を続々発表

1/12(土) 3:31配信

Impress Watch

 日産自動車は1月11日、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催されている「東京オートサロン 2019」にブースを出展。プレスカンファレンスでは日産のモータースポーツブランド“NISMO”と、特別装備車両なども手がける“AUTECH”の両ブランドから最新モデルの発表と限定車の実車お披露目が行なわれた。

【この記事に関する別の画像を見る】

 プレスカンファレンスでは、オーテックジャパン 社長兼最高経営責任者、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル 社長兼最高経営責任者の両方を兼務する日産自動車 ニスモ・ビジネス・オフィス代表の片桐隆夫氏が登壇。

 片桐氏は、「モータースポーツのDNAを受け継いだ走りを予感させるピュアスポーティの方向性。その一方、スポーティでありながらも、より落ち着いたプレミアム感のあるプレミアムスポーティの方向性。これが2つの代表的な例です。私どもはこれら2つの嗜好に対し、日本市場におきましてはNISMOブランドとAUTECHブランドの2枚看板で対応してまいります」。

「NISMOは、常にさまざまなモータースポーツフィールドでエキサイティングな戦いを続けてまいります。SUPER GTのような従来のパワーユニットはもちろんのことながら、日産インテリジェントモビリティの戦略のもと、電動化という次世代パワートレーンのハイパフォーマンス化にも積極的に取り組んでおりまして、展示しておりますようにフォーミュラEへも参戦を開始いたしました。そして、NISMOブランドのもとでその技術を活用いたしまして、市販車の電動モデルに関しましても高性能化を行ない、皆さまにお届けしてまいります」。

「その例といたしまして、昨年7月に『リーフ NISMO』、そして9月には『ノート e-POWER NISMO S」を投入いたしまして、多くのお客さまから高い評価をいただいております。今後もこういった流れを継続してまいりますので、ご期待いただきたいと思います。昨年のこの場で、プレミアムスポーティブランドとして『セレナ AUTECH』を発表。続きまして7月には『ノート AUTECH』を発表させていただきました。本日、この場で第3弾となります『エクストレイル AUTECH』を発表いたします。そして今回は、日産インテリジェントモビリティの象徴とも言えます『リーフ AUTECH Concept』を参考出品しております。今後3台のAUTECHブランドの拡大、充実を予感させるコンセプトカーとなっております」。

「AUTECHブランドのコミュニケーションカラーはブルーでありまして、私どもはこのブルーを『AUTECH BLUE』、別名『湘南BLUE』という風に呼んでおります。AUTECH創業より、湘南 茅ヶ崎の地でクルマ作りをしておりますけれども、湘南 茅ヶ崎の海と空をイメージしてこの青を選んでおります。この『AUTECH BLUE』は、AUTECHならではのデザイン、そしてクルマ作りへの思いが込められております。このBLUEは深く、商品シリーズの中でAUTECHブランドのみが専用色として採用しております」と語り、2つのブランドへの期待を口にした。

 日産自動車 日本マーケティング本部 チーフ・マーケティング・マネージャーオフィス チーフ・マーケティング・マネージャーの小木曽宏行氏は「昨年の9月、日本人初のグランドスラム、女子シングルス優勝を果たしました大坂なおみ選手が日産ブランドアンバサダーに就任いたしました。これは、世界の頂点を目指してトッププレイヤーたちと熱戦を繰り広げる大坂選手の戦いが、日産のチャレンジングスピリットやグローバル企業として世界に挑む姿勢と共通するとの思いから実現したものです。そして、日本のスポーツカーの代表でもあり、日産のスポーツカーの頂点である、日産『GT-R』も大坂選手同様、究極のドライビングプレジャーを実現するため、常に走りのトップを目指しています。では、GT-Rの大ファンでもある大坂なおみ選手の記念モデルを皆さまにご覧いただきたいと思います」と語り、GT-Rの特別仕様車「大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」を紹介した。

Car Watch,キクチカズヤ

最終更新:1/12(土) 3:31
Impress Watch

あなたにおすすめの記事