ここから本文です

CESで見てきたシリアルポートも備える6型UMPC「GPD Micro」

1/12(土) 9:34配信

Impress Watch

 GPDは、8日(米国時間)より開催されている「CES 2019」にて、Windows 10搭載の6型UMPC「GPD Micro」の実機展示を行なっていた。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同製品は、440gの本体に6型液晶ディスプレイを搭載し、HDMI、USB、microSDカードスロット、有線LANポート、シリアルポートなどを備えた、エンジニア向けの製品となる。

 キーボードは親指入力を前提とした小型キーボードを採用し、右上にタッチパッド、左上に左右クリックボタンなどを配置。タッチパッドはマウスボタン機能も備えており、左クリック/右クリックが行なえる。

 USB Type-Aポートを3つ備え、すべてUSB 3.0で動作。この筐体サイズで、フルサイズのHDMIとシリアルポートを備えているデバイスは唯一無二と言って良いだろう。

 なお、ブースで少し話を聞いていたところ、ゲーミングPC「GPD Win」シリーズで、AMDプロセッサ搭載モデルを出してくれという要望が数多く寄せられているとのことで、もしかしたらRyzen(Ryzen Mobile)版搭載のGPD Winシリーズを出すかもしれないという。

 実現可能性のほどは未知数だが、登場に期待したい。

PC Watch,佐藤 岳大

最終更新:1/12(土) 9:34
Impress Watch

あなたにおすすめの記事